UR賃貸住宅でルームシェア

大学時代からの友達と一緒にUR賃貸住宅でルームシェアをしています。

大学を卒業して別々の会社に入ったんですけど、2年経って同じ最寄り駅でばったり、新しい部屋を探していると言うので、一緒に住もうかって言ったら話がトントン拍子に決まってしまいました。

実際に探してみると、二人が快適に住むことが出来る物件はUR賃貸住宅っていう結論に達したっていう訳です。

UR賃貸住宅というと単身者向けか家族向けというイメージでしたが、最近ではルームシェアに対応しているんですね。

UR賃貸住宅ってどこかお堅いイメージがあったんですけど、二人で契約出来て嬉しかったです。

二人でシェアしたらUR賃貸住宅でも借りられない値段では亡くなりますし、二人とも趣味が同じで、寂しがり屋だったのでとってもよかったと思っています。

音楽の趣味や食事を作ったりすることもお互いに好きなので、家賃以外にも食費なんかは二人で毎月の予算を決めて出し合っています。

やっぱり、誰かと一緒に住んでいるというのは安心感がありますね。

寂しくもないですし、家電用品もほとんどのものが二人で一つで済みますからいろいろと節約になっていると思います。

仕事が忙しい時期でも、どちらかが夕飯を作って待っていられるっていうのは嬉しいですね。