単身赴任先ではUR賃貸住宅を借りることにしました

単身赴任をすることになって、会社からの家賃補助もあって単身赴任先ではUR賃貸ホワイトストーンを利用して、UR賃貸住宅を借りることにしました。

一年以上であれば、単身赴任で一人暮らしをする人間にとって、便利なところにあるUR賃貸住宅は、最高の選択だと思います。

単身者向けの物件も豊富ですし、なにより身元がしっかりした人が住んでいるので、住んでしまってから無用のトラブルがないと聞いています。

学生時代には東京に住んでいたのですが、10年以上ぶりの東京なので、通勤に時間がかかったり混雑する電車で通勤するのは嫌だったので、職場の近くのUR賃貸住宅が見つかったのは嬉しかったです。

通勤の時間や買い物時間が必要ありませんので、自分の時間が有効に使えます。

しかも単身者向けの物件でもキッチンまわりの設備がしっかりしているので、自分でも料理を作ろうと思っている自分には嬉しかったですね。

安い単身者向けの物件はいくらでもあったんですが、自炊など考えもしない作りの部屋では、単身赴任が悲しくなってしまいます。

夜、単身赴任の住まいに帰りたくないので、いつまでも仕事をしてしまうっていうのは嫌ですから、UR賃貸住宅にして良かったと思っています。